FXという言葉は知っていてもそれについて詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、その仕組みとよく使われる用語、「リバレッジ」について簡単に説明していきます。 そのFX業者により細かいルール等は設定されていますが、一般的な事をまずは知ることから始めてみましょう。

FXを始めてみたいと思ったら、次は法人として口座を開く方がいいのか、それとも個人としてがいいのか、その違いについて知りましょう。 これまでFX経験がないのであればまずは個人口座を開くことをお勧めしますが、ある程度個人でやってみて儲けも出し法人として本腰を入れて始めたいという方もいることでしょう。

FXの仕組みと用語

Foreign Exchangeとは日本語にすると外国為替証拠金取引となり、その英語名を略してFXと日本でもよく呼ばれることが多いです。
つまりは異なる通貨を両替し、その後、為替レートが良くなった時にまた元の通貨に戻すことでその差額イコール利益を生み出す、という仕組みのものになります。
最初に円を海外通貨に両替した場合、その後両替時に円安になると、儲けがでます。
円安になる、とは、最初に両替した為替レートより、文字通り円が安くなる状態の事をいいます。
為替はニューヨークの市場により変動します。
円安になったタイミングで両替し直す事が重要です。
為替の変動は政治や経済によって時として大幅に変動することもありますので、そのあたりについても日々学んでおくと強みとなるでしょう。
個人でも法人でも、この取引をすることはでき、その口座の開き方は若干の違いはあるものの、基本的に同じで、銀行口座や身分証、それと資金さえあれば、始める事のできるものです。
しかし、簡単に始められる事から、気軽に何となく始め、利益どころか損益の地獄にハマる人も少なくない現状があります。
現金ではなく、オンライン上での取引が主になるため、実際にお金を動かしている感覚がつかめない方や、為替に関しての知識が無知に等しい人は気を付けて慎重にする必要があります。
また、そういった人向けに、FXのアドバイスをしてくれる業者も多いので、利用されてみるのも良いでしょう。
しかし、その業者選びも詐欺まがいのものにひっかからないように注意する必要がありますので、どちらにせよ、始める前にご自身でもFXについてある程度の知識をつけておく必要はあります。

ある程度FXの仕組みや個人、法人の違いが分かったら、実際に口座を開いてみましょう。 個人の方がかかる手間は少なく、簡単に開くことができます。 だいたい5分から10分くらいあればパソコンや携帯から開くことが可能です。 法人の場合は時間もお金もかかってきますので、その違いについてここではみていきましょう。