>

FXについて知る、口座を開く

FXの仕組みについて知ろう

先に触れたように、FX(Foreign Exchange)とは外国為替証拠金取引のことで、違う通貨を両替する時、した時に出る差額で儲ける、といったものです。
例えば、今の為替レートが、1ドル=100円だとします。
100円をドルに換えた場合、もちろん手にするドルは1ドル。
では翌日。
このレートが1ドル=90円に変わりました。
昨日手にした1ドルを日本円に戻します。
1ドル=90円ですから、手にできる日本円は90円です。
100円持っていたのに、一旦ドルにし、日本円に戻したときのレートが変わっていたせいで、90円しか戻ってきませんでした。
これは10円の損益となります。

では逆に、1ドルが90円ではなく、110円になっていたらどうでしょうか。
100円で買った1ドルが、手放すとき110円になって戻ってきます。
10円、得したので利益となりますよね。

とてもシンプルな原理です。

リバレッジとは

基本となる原理が分かったところで、次は用語です。
抑えておきたい言葉が「リバレッジ」。
日本語訳すると「てこの原理」という意味になります。
これは、資本金を何倍かに増やす、しかも無料で!という方法です。
FX業者によって、「リバレッジ○○倍かけられます」と設定がされています。
ハイリスク・ハイリターンですので、初心者にはお勧めしませんが、これは1万円しか持っていない資本金を10倍のリバレッジをかけることにより10万円の資本金とすることができるというものです。
例えば1万円を100ドルに両替し、その後1ドル110円になった時に円に戻すと1万1千円になり、千円の利益がでます。
もしこの1万円を10倍のリバレッジをかけていたとしたら、10万円を両替、その後、円に戻した時1万円の利益、となります。
しかし、逆に損益が出た場合、千円の損益だったところが、1万円損することになります。